月曜から夜ふかしの2月22日版で甘い玉ねぎに村上マツコが大絶賛!

2月22日の月曜から夜ふかしでは、玉ねぎに惚れ直しました。

4種類の玉ねぎ料理が紹介されましたが、共通項はどれも甘いってことです。あのツーンとくる辛みがないと、かなり食べやすそうです。

2016-04-19_120756

たかがオニオンスライス・・ではありませんでした。静岡県浜松市の『生で食べるためだけに開発された玉ねぎ』です。切って水にさらさなくていいんです!

それに醤油を垂らしてご飯にのせていました。村上が「オクラや納豆みたいにネバネバや!」と感激していました。

2016-04-19_120854

2016-04-19_120941

玉ねぎの味噌汁って全国区かな?マツコが大好きだと言っていました。玉ねぎの血液サラサラ効果と発酵食品のミソとの組み合わせは、かなり体に良さそうです。

愛知県の津和地島でとれる『津和地玉ねぎ』です。この『津和地玉ねぎ』は味噌汁の具のほかに、「玉ねぎそうめん」として食すと抜群に美味しいそうです。

玉ねぎそうめんは、玉ねぎを細く切り、それに葛粉をふって湯がいた後に冷水でしめて作るそうです。どうやって玉ねぎを細く切るのか、説明してくれたら試してみたかった・・

⇒えひめ愛フード推進機構事務局の公式サイトです

2016-04-19_121130

2016-04-19_121208

出ました!!淡路島の玉ねぎです。関西在住の者としては、玉ねぎと言えば淡路島、と思っていますので、いつ出るのかなと不安でした(^^)

2016-04-19_121312

”シャルム”という名前です。シャルムは、玉だけでなく、葉の部分も食べられるそうです。美味しいうえに体にも良さそうですね。マツコも村上も、玉ねぎフライには絶叫に近い賛辞を送っていました。

2016-04-19_121358

2016-04-19_121505

やはり真打ちかな?淡路島のメチャクチャ糖度の高い『成井さんちの完熟たまねぎ』!

その糖度はメロンに負けていないそうです。たしか19度ほどの糖度って言っていました。これ、もはや果物ですね。いや、並みの果物を上回る糖度です。

玉ねぎ1個を丸ごと蒸して、バター醤油で食していました。これは、簡単に試せそうですが、やはり『成井さんちの完熟たまねぎ』だからこそ美味しいのでしょうね。

試してみたくなったのではないでしょうか(^^)
ただ、残念なことに『成井さんちの完熟たまねぎ』は、とても手に入りにくい状況です。

⇒完熟度と甘さでしたら引けを取りません『淡路島根岸農園完熟玉ねぎ5kg』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク