マツコの知らない世界のおすすめカレーパン!コンビニのカレーパンはお昼ご飯にピッタリ!

4月26日のマツコの知らない世界で、日本カレーパン協会の会長、佐藤絵里さんから珠玉のカレーパンが紹介されました。

佐藤絵里さんは、元JALのCAで、2013年に日本カレーパン協会会長に就任、これまで2030店舗で4000食のカレーパンを制覇した強者です。

現在のご職業は行政書士とのことですが、『カレーパン活動をやりやすくするために自営業を選んだ』そうです。楽しい人生です。憧れます。

劇的な進化!コンビニカレーパン

最近はコンビニのカレーパンって侮れないそうです。高級なパン屋さんのカレーパンはもちろん美味いのですが、気軽に美味いカレーパンが食べられるので、コンビニカレーパンは重宝します(^^)

サークルKサンクス「旨みとコクのビーフカレーパン」120円

専門店の美味しさを徹底追及したカレーパンです。牛肉と牛脂、牛エキスの豊かな旨味が味わえます。値段もお手頃ですね。

隠し味に、レーズン・チーズ・ニンニクなどが入っているそうです。

セブンイレブン「たっぷりコク旨カレーパン」138円

薄生地のセブンが打ち出す最新カレーパンです!現在は「なめらかコク旨カレーパン」ですが、5月からリニューアルして「たっぷりコク旨カレーパン」として登場します。

なんと、リニューアル後はカレーが45%も増量されているそうです。カレー好きにはたまりません。牛肉、野菜、果物をしっかり煮込んだ欧風カレーに変身します。

ローソン「スパイス広がるカレーパン」180円

ケミン・コリアンダーなど30種類のスパイスがブレンドされています。

ここで、佐藤さんからさらに美味しくなる食べ方の提案が!

マヨチーズカレーパン

ローソンの「スパイス広がるカレーパン」の上に、とろけるチーズとマヨをかけます。
オーブンで約1分加熱します。
マツコいわく『スパイスが強いカレーと相性が抜群!』『普通のカレーだとチーズとマヨの香りに負けてしまうかも』

つまり、このマヨチーズカレーパンはローソンの「スパイス広がるカレーパン」といちばん相性がいいことになります。

コンビニのカレーパンをさらに美味しく食べる方法!

コンビニで買ってきたカレーパン!とても美味しいんですが、あるひと手間で劇的に美味くなる方法があるんです。佐藤さんからのご紹介です。

カレーパンの復活法は霧吹きでした!

カレーパン復活法

カレーパンの両面にシュッシュッと2,3回ずつ霧吹きします。
この霧吹きは霧が細かい化粧水用が最適とのこと。
その後、オーブントースターで両面を1分ほど加熱します。

すると、衣の水分が蒸発し空洞ができてサクサクに生まれ変わります(^^)
これは、すぐにでも試したいです。
職場でもできちゃうかも!!

佐藤さんのおススメチョイ足し

七味のトッピングです。カレーパンの味をくずさず、辛さと風味を増すそうです。半分はそのままで食べて、残り半分に七味をトッピングする!2回楽しめるなんて素敵です。

日本カレーパン協会会長、佐藤絵里さんのスケジュール

なんといってもビックリは起きるのが午前2時!ネットでカレーパン情報を検索するそうです。午前6時の朝食にカレーパン1個とコーヒー。お昼はネットで検索したパン屋巡りなどで忙しいので食事抜き!

夕飯はお酒とサラダ・・これで体調はすこぶる良いんですって。でも、真似するのはちょっと勇気がいります。もともと佐藤さんは少食だそうです。

佐藤さんは週に3,4回カレーパンの買い出しに行き、冷凍保存するそうですが、家までカレーパンを持ち帰るときのワザがすごい!!

カレーパンを家まで美味しく持ち帰る方法

揚げてるカレーパンだと、そのまま袋に入っていると油でベチャッとなりますね。

そこで、佐藤さんは購入直後にお店でカレーパンをキッチンペーパーでくるみます。
そのくるんだカレーパンがつぶれないようにタッパーに入れて持ち帰るんです。

美味しさを保存する仕組みはよくわかりました。でも、お店やスーパーでキッチンペーパーでくるむ勇気があるかどうか(^^ゞ

なじみのお店を見つけて、そこでなら恥ずかしくないですね(^^)

沿線のおススメカレーパン!よりも自分で見つけましょう。

東京の沿線おすすめカレーパンがたくさん紹介されていましたが、京都府在住の私としては、カレーパンのために東京まで行くことはちょっと無理です。

佐藤絵里さんが日々更新している『カレーパン大好き』というブログに関西方面や地方都市のカレーパン情報もあります。それを参考にさせていただきます。ご近所のパン屋さんを覗くのが楽しみになってきました。

ご近所や職場の近くに粋なパン屋さんがないときは、やっぱりコンビニが便利です。オーブントースターでサクサクのカレーパンに復活させて楽しみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク