マツコの知らない世界でレゴの最新情報!レゴ動画やレゴ弁当のレゴグッズ!三井淳平のレゴ動画もあります

4年前にも登場した三井淳平さんからレゴの最新事情が紹介されました。

レゴは、小さな子ども向けの玩具というイメージが強いと思います。でも、むしろ大人向けのハイレベルな知的趣味と断言できそうです。

大人も楽しい!最新レゴブーム

シグフィグって結構前から流行だったようです

シグフィグ(sigfig)は、“シグネイチャー・ミニフィグ(signature minifig)”の略です。パーツを組み替えて作る、自分に似せたフィギュアのことです。

ブログ流にいえば「アバタ―」です。

番組では、マツコや黒柳徹子さん、タモリのシグフィグが登場しました。特徴ある人のシグフィグは作りやすそうです。

レゴ界の最新ブームはレゴ動画!

レゴ動画とは、ブロックや人形をコマ撮りして作る動画です。ここまでくると、かなりマニアックですし、大掛かりなセット(?)も必要になるかもしれません。

番組では『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(第1作)の最後の名場面がレゴ動画として披露されました。ムチャクチャ本当の映画に忠実でした(^^) デロリアンが時空に消えるところまで再現されていました。

2016-04-27_144928

三井さんに言わせると『人形に対して、建物などの比率が合っていればロケセットみたいになる』そうですが、作るの大変ですね。でも、そのために没頭することは楽しいと思います。

三井さんが自作して1000万再生された動画がこれです。ホンマに神さんの領域です!!

ディスパッチワーク(Dispatchwork)は斬新なアートです

ディスパッチワークって言葉を初めて聞きました。でも写真は見たことある人もいるのではないでしょうか?レゴを使って、壊れたところを修復することです。

例えば、観光客の増加で崩壊が著しい『万里の長城』ですが、レンガが削れたり取られたりしたところをレゴで埋めていくというものです。ほんの一部の修復なんですが、曲線に合わせてレゴを選ぶ作業が大変とのことです。なぜならレゴの部品は削ったらダメなんです!

銀座の歩道の一部もレゴで修復してありました。いいですね。レゴはカラフルですし、修復は一部だけですからアクセントとして風景にマッチしていました(^^)

三井淳平さんの作品&レゴ組みかえアプリ

レゴ組みかえレシピ提案アプリ「PlusL」

これって、親子でメチャメチャはまりそうですね(^^)

便利で可愛い!マツコも絶賛のレゴグッズ

番組冒頭でマツコが遊んでいたレゴグッズはスゴイと思いました。リモコン操作ができるそうです。でも・・何となく夢がありません。ロマンがありません。やはりレゴは自分で動いちゃだめだと思います。

↓↓マツコが遊んでいたホイールローダーです。

マツコ絶賛のレゴグッズ!!

マツコがいたく気に入って、スタジオにあったノート全部を自分で買うと言っていました(^^)

2016-04-27_155652

こんなお弁当箱でしたら、お子さんも大喜びでしょうね。OLの方にもちょうどいいかも。
楽天で見つける可愛くてオシャレなレゴのお弁当箱

三井淳平さんからひと言

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク