次回マツコの知らないビニール傘の世界!ビニール傘が風速30メートルに耐える?5月31日の折りたたみビニール傘?

5月31日のマツコの知らない世界では、とても実用的なネタが取り上げられます。なんと『ビニール傘の世界』!ビニール傘は超速で進化していたんです。

⇒5月31日の実録はこちらです。

ちょっと前まで、ビニール傘といったら、使い捨て・置き忘れ・すぐ壊れる・風に弱い・ビニールがくっついて開かない・・などのマイナスイメージだらけでした。でも、急な雨降りのときにはコンビニに売っているので重宝しました。

2016-05-31_140635

マツコの知らない世界で『下村雅則』さんが紹介するビニール傘を購入したら、もう置き忘れは絶対できません!それほど機能に優れ、また、お値段も置き忘れができない設定となっていますから(^^)

『下村雅則』さんって誰?

残念ながら、傘業界歴30年という情報だけです。傘を愛してやまないそうです。5月31日の放送内容がビニール傘ですので、おそらく下村雅則さんは、日本で最初にビニール傘を開発した台東区の老舗傘メーカー、ホワイトローズ社の方と推測されます。

あるハンディーのある方が、「透明の傘が一番安心なのです。自分は周りがよく見えるし、すれ違う方も自分をハッキリ認識して、道をゆずってくだすったり、少しだけスキ間をあけてすれちがってくださる。日本って思いやりのある国ですね。」「だから、壊れにくい透明の傘で歩くと感動を味わえるのです。」とおっしゃります。
人間を守ってなんぼ! それがホワイトローズの製品コンセプトです。

引用:ホワイトローズ社公式サイトの代表メッセージより

雨をしのぐだけでなく、人間を守ってなんぼ! とは。崇高な使命感の内容が理解できると、ビニール傘のとりこになってしまいそうな予感がします。

ホワイトローズ社の優れものビニール傘

最大の特徴は透明な耐風傘であることです。また、濡れても生地が張り付きにくい特殊な多層オレフィン生地を採用しています。透明傘では稀なグラスファイバーを使い強度を高めています。

強風の日や横殴りの雨の日に傘をさすと、どうしても前が見えにくくなりますが、透明のビニール傘ですので周囲を確認しやすくなり、人にぶつかったりする心配もなくなります。

『逆支弁機構は特許取得の技です。傘がおちょこにならない技術です。

2016-05-31_145718

2016-05-31_143212

アマゾンで取り扱っているホワイトローズ社のシンカテールは、こちらです。結構なお値段ですが、機能は抜群です。

英国王室キャサリン夫妻も御用達「フルトン」のビニール傘

エリザベス女王もビニール傘を愛用しているそうです。でも王室御用達なんですから、もちろんオシャレな品ですね。

『フルトン』はそんなに超高級品ではありません。やはり、王室向けに、質素でありながら上品なんです。『フルトン』で雨の中を歩いたら、心落ち着いて優雅に振る舞えるかもしれませんね。」

2016-05-31_144338

アマゾンで取り扱っている英国王室御用達のフルトンは、こちらです。その形と色彩に惚れ込む人が多いようです。


5月31日の放送では、究極の折りたたみのビニール傘も登場する予定です。雨の日が楽しくなるようなビニール傘の数々に目が釘付けになること間違いなしです。

個人的には折りたたみビニール傘にとても興味があります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA